そもそも行政書士って何をするの?魅力は?メリットは?

行政書士

行政書士ってどんな仕事?

行政書士の仕事は、一般の個人から会社などの法人といった様々な顧客からの依頼を受けて、官公署(各省庁、都道府県庁、市・区役所、町・村役場、警察署等)に提出する「書類の作成、申請を代行すること」が主となります。
そのため、「代書屋」と呼ばれることもありますが、単純な書類作成業務から複雑なコンサルティング業務まで請け負う行政書士など活躍の場は広くあります。

行政書士の仕事内容 | 行政書士の仕事、なるには、給料、資格 | 職業情報サイトCareer Garden

具体的には、以下のような書類となります。
・建設業許可
・飲食店営業許可
・自動車関連
・交通事故損害賠償請求
・会社設立
・相続・遺言
・各種契約書の作成
等です。

行政書士が作成できる書類はなんと、約10,000種類といわれているそうです!
まさに書類作成のプロフェッショナルですね。

行政書士の資格取得のメリットと魅力って?

独立開業できること

行政書士の資格を取得した人の多くが、独立をして事務所を構えています。とはいえ、いきなり独立と言うことは難しいので、多くの人が行政書士事務所などに就職をして一定のキャリアを積んだ上で独立をする、ということが多いとか。

きちんとキャリアを積んでノウハウを学んでいけば、自分で事務所を作って独立をすることも可能です。

独立すれば自分のペースで仕事ができますし、専門分野を作ってそこに特化した仕事をすることも可能ですので、そういった意味でのメリットは大きいですね。

行政書士の資格を取得するメリット

規模にもよりますが、人を雇わなくても一人で仕事ができるので人件費がかかりません。
さらに自宅に事務所を構えていれば、小さなお子さんがいる主婦の方でも子供の面倒を見ながら、仕事をするということも可能のようです。

就職・転職に有利

行政書士の資格をとっている人の中には、企業の法務部や総務部で働いている人もいます。企業の中で与えられた仕事をこなしながら、行政書士としての仕事もするというひとも多いのだとか。

士業の資格を持っているというだけで、企業からは注目を集めることになりますので、就職先を探すぶんにも非常に有利になるはずです。

行政書士の資格を取得するメリット

現職を失った際の保険になる

行政書士資格は一度取得してしまえば一生有効です。

現在の社会は企業に就職してしまえば、一生安泰をいうわけではありません。

常に「リストラ・倒産・減給」というリスクを抱えています。

突然職を失ってしまった時どうするのか?

行政書士試験に合格して資格を手に入れれば、
いざという時に役立つかもしれません。

そもそも行政書士資格の魅力ってなに? – はじめて学ぶ行政書士

行政書士は扱える業務が非常に多いため、まだまだ未開拓の分野が多いようです。
アイデア次第で大きなチャンスを得ることができるうえ、自分のライフスタイルに合わせてキャリアを築いていけるかと思います。